ボギーてどこん公式ページ

ネット献金

動画

YouTube / ニコニコ動画をCHECK!

YouTube チャンネル ボギーてどこん


2016/04/16【沖縄の声】ボギーてどこんが「日本のこころを大切にする党」より擁立公認! 熊本大地震 自衛隊の迅速な対応、[桜H28/4/16]

配信チャンネル/動画をもっと見る



  • YouTubeボギーてどこんチャンネル動画集です。

  • ニコニコ動画ボギーてどこんコミュニティです。生放送もこちらから。

  • コミュニティラジオFM21「わんぬうむい」をスティッカムにてリアルタイム視聴できます。
    【毎週木曜日22時〜23時】

ごあいさつ・政策


ごあいさつ

初めまして、ボギーてどこんです。
この度、日本のこころを大切にする党 参議院比例第四支部長に就任致しました。
本日はアクセスいただきありがとうございました。
さて、ボギーてどこんという名に、何だ? 日本人か?と思っている方もおられるかと思いますが、れっきとした日本国民です。
私は生まれも育ちも南の島沖縄であり、てどこんという苗字も沖縄にしかない数少ない苗字なのです。
ボギーというのは私のミドルネームであり、これは私が共に暮らした秘書で相棒であった「犬のおまわりさんボギー」から頂いた名前でもあります。
彼は多摩川のタマちゃんに次いで住民票を交付されたワンコであり、私と共に交通安全指導に従事し命潰えるときまで頑張ってくれました。
彼を知る子供たちや親からは「ボギーのお父さん」と呼ばれていましたので、彼亡きあと私が名前を頂戴し現在に至ります。
交通安全活動、そして13年間のPTA活動を通じ培った公共心と教育への知識をフルに生かし、国家百年の計は教育にありという思いから、 この国の未来を担う子供たちをどう育てていくかを真剣に考え、そしてこの国を子供たちに残すことを第一に考え、現場主義で頑張ります、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

政策

日本のこころを大切にする党の9つの政策を中心に、私なりの政策を提言していきます。

【1】我が党は、長い歴史と伝統を持つ日本の国柄と日本人のこころを大切にした、日本人の手による自主憲法の制定を目指す。

【2】我が党は、家族を基底においた温かな社会を創り、国民ひとりひとりが夢を持ち、充実した日々を過ごせる国の実現を目指す。

【3】我が党は、人口が減少する中で、子育て世代を支援し、安心して子供を産み育てられる環境の整備を目指す。

【4】我が党は、正しい歴史観と道徳観を持ち、国際的に高水準の学力を持つ日本人を育てる教育を目指す。

【5】我が党は、経済の成長戦略を推進し、個人所得の向上を図り、豊かな社会を実現すること及び社会基盤(インフラ)の強化を徹底して推進することを目指す。

【6】我が党は、医療制度、公的年金制度、介護制度等の改革を行い、生涯にわたり安心して暮らせる社会保障制度を構築することを目指す。

【7】我が党は、外交力及び国防力の強化による確固たる安全保障の構築を目指す。また、北朝鮮による全ての拉致被害者の早期救出を目指す。

【8】我が党は、統治機構(立法、行政、国と地方)の抜本的改革を目指す。

【9】我が党は、日本各地で、国際文化交流の祭典を催し、日本が、世界の文化が輝き、溢れ、交流する場となることを目指す。

独自の政策

【10】沖縄を人の命を救う島に
沖縄県内に極東最大の国際救難センターを創設し、食料、水、医薬品、燃料、その他救援物資を備蓄し来る未曽有の大災害への備えとする。

【11】日本の防災、減災、救難技術を世界のスタンダードに
沖縄に国立防災大学を設立し、我が国の防災、減災、救難技術の更なる向上を図るとともに、救難システムの統一化を図ることで迅速かつ的確な救援体制を構築する。
また災害の多発する海外の国々からの留学生を受入れ育成することで、いつ、どこで災害が発生しても国際救難センターと、新たに設立される高度医療センターと現地との連携を円滑に行うことで、一人でも多くの人命の救うことを目標とする。

【12】沖縄に新たな産業を生み出し経済的自立を
国際救難センターで備蓄する食料、水、その他物資を沖縄県内で製造することによって脆弱な沖縄県の製造業を育成し経済自立への足がかりとする。

【13】新たな交通体系の出現へ
沖縄へ鉄軌道の導入を図るとともに、国道58号線の高層化によって車社会の渋滞緩和を図ることで経済的損失を縮小する。

【14】離島格差の是正
離島県という不利な状況下での物流の円滑化を図るために、離島への運賃、送料等への補助を行うことで格差是正と経済の活性化を図る。

プロフィール


ボギーてどこん(手登根安則)
1963年沖縄県浦添市に生まれる。
幼少時代の沖縄はアメリカ世と呼ばれる時代で、アメリカがいつも傍にあった。
大学卒業後、自動車ディーラーに勤めその後旅客運送業に転身。
2009年8月に起きた沖縄国際大学ヘリ墜落事件後、「一人でも死んでくれたら基地は動かせたのに」という平和活動家の言葉で平和運動のおかしさに目覚める。
以後、PTA活動を続けながら地元FMコミュニティで「わんぬうむい(私の思い)」という番組を主宰、既存のメディアが報道しない真実や取り上げられないサイレントマジョリティの声を地上波で発信する活動を続けた。
ニックネームのボギーとは、多摩川のタマちゃんの次に住民票を交付された愛犬の名前であり、日本唯一の警察広報犬として有名である。
犬と共に活動するうちに、ボギーのお父さんとして親しまれるようになった。
愛犬が虹の橋を渡った際に愛犬の名前を引き継ぎ、ボギーてどこんとして名乗っている。
普天間基地のフェンスを清掃するフェンスクリーン活動、平和団体によるヘイトクライムに抗するハートクリーンプロジェクトの代表でもあり、いじめ問題に積極的に関わる教育オンブズマンの代表で保護者に寄り添い問題解決にあたっている。
歯に衣を着せぬ語り口は、基地反対派からは「沖縄のトランプ」と揶揄されている。
座右の銘は、「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」
「右翼でもなく左翼でもなく仲良く」がモットーでもある。

ボギーてどこんの秘書って?

これまでの活動


写真

犬のお巡りさんと二人5脚で行った交通安全指導

2003年、捨て犬だったボギーとともに始めた交通安全指導。
その功績が認められ、多摩川のタマちゃんの次に住民票が与えられた。
ちなみにボギーくんの報酬はメロンパンであった。

写真

高校教師手当問題の告発

県立高校のPTA会長在籍中、高校で慣習として校納金から教員が手当を貰うという慣習に初めてメスを入れ全国的な大問題に発展した。
当時会長を務める高校では年間1300万円が50名の教職員で分配されていた。

関連記事:八重山日報 早朝講座-ゼロ校時-問題

写真

フェンスクリーンプロジェクト(FCP)活動

オスプレイ配備に伴う反対運動の激化の中、基地のフェンスにテープやごみを結わえ付ける抗議活動が活発化し街の景観が損なわれる中、最初にフェンスに挑んだ2名の若者と女性通訳とともに清掃作業に参加
後日活動を引き継いだあとからフェンスクリーンプロジェクトと銘打ち多くの方々との清掃作業を通じ、基地のアメリカ人との交流を深めていった。

>>動画

写真

ハートクリーンプロジェクト(HCP)活動

オスプレイ配備に反対する反社会的勢力は基地に出入りするアメリカ人とその家族に心無い罵声と威嚇を与え続けていた、そんな中傷ついた彼らの心をクリーンにしようと立ち上がったのがこの活動で、多くのアメリカ人に勇気と友情を生み出す結果となっている。

>>動画

1番心に残るエピソード

2014年夏、普天間基地司令官のフリン大佐の招きで退任式に参列した際、離任の挨拶をする大佐から名前を呼ばれた。
すると大佐は厳しい口調でこういい放った。
「ここにいるボギーは毎週、この島を守ってくれてありがとうと描かれた横断幕を持ってゲート1に立っているが、それは間違っている」
会場はしーんと静まり返った。
そして大佐は言葉をつづけた。
「私たちが守ってきたのではない、心無い人々から彼らが私たちを守ってくれたのだ、心から感謝したい、ボギーありがとう」
会場は万雷の拍手に包まれ、どんな表彰状よりも嬉しかった記憶がある。
国籍や人種、職業や宗教、価値観が違っても通じる思いがそこにあった。
今でも誰も守ろうとしなかった彼等との絆を守って来たという自負を胸に、いまでも活動を継続しているのである。

ネット献金(個人)のお願い


ボギーてどこんが活動していくためには、皆様からのご寄付(個人献金)が頼りです。皆様のために役立てるよう大切に活用させていただき、政治資金規正法に基づきご報告させていただきます。

注意事項

ボギーてどこんへのネット献金(個人)は「楽天政治 LOVE JAPAN」をご利用ください。献金額(1000円以上)と献金者情報を入力の上、ご献金いただけます。
・個人献金は、政治資金規正法により規制を受けます。
・年間50,000円を超える寄付の場合、名前、住所、職業が政治団体収支報告書に掲載されます。
・個人からの献金は、寄付金 ( 税額 ) 控除の対象となります。 寄付金控除をご希望の場合、年間の寄付金額が 50,000 円以下であっても寄付者の住所・氏名が収支報告書に記載されます。
・年間150万円を超える政治献金を同一の政治団体にすることはできません。
・外国籍の方・未成年者・匿名での献金は禁止されています。

ネット献金(個人)は「楽天政治LOVE JAPAN」をご利用下さい。

ネット献金(個人)はこちらから

※楽天政治 LOVE JAPANは株式会社楽天が運営するネット献金サービスです。
パソコンやスマホからクレジットカード決済にて献金をすることが可能です。

日本のこころを大切にする党
ネット献金(個人)はこちらから

日本のこころを大切にする党

YouTube

ニコニコ動画

FM21